妊娠中は葉酸などの栄養摂取はもちろんストレス無く過ごすことが重要です

妊娠中は、まず妊婦さん本人がストレスから解放されることが赤ちゃんにとっても重要だと思います。
初産は特に未経験の身体の変化や生活環境に驚くことも多く、知らないうちにストレスが溜まっていくのではと思います。
そんなときに、栄養のことや赤ちゃんの為を考えて健康を意識することは当然ですが、行動や食事を極端に我慢したり制限することは精神的に負担になっていいことは無いと思います。何より穏やかな心で過ごせるのが大切だと思います。愛する人との子供って本当に嬉しいですよね。妊娠がわかった瞬間すぐ旦那に言いましたしかしこの後おそってくるつわりが大変つらいものでした…。

 

 

 

私の場合、朝起きると気持ち悪くてトイレで胃液を吐き、軽く朝食を摂るとまた吐き気に襲われました。

 

 

 

日中はそのままずっとベッドの上。夕方は主人の晩御飯を、何度も吐きながら調理し、もはや気力だけで作っていました。もっともピークの時は全くでしたが…。

 

 

ですが安心してください、必ず終わりは来るので可愛い赤ちゃんのためにも頑張って堪えましょう。妊娠中はホルモンの関係で気持ちが不安定になりやすくなり、意識的にリラックスするための時間を作ることが必要です。けれど、運動から食事まで、この頃のお母さんにとって注意すべき点が多く、中々難しいですよね。

 

 

 

そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。この期間に教養を付けておけば赤ちゃんにいずれ教育をしていくための準備になります。あまり力まず、挑戦してみてはいかがでしょう。妊娠に気づくのが遅れた人は、後悔するかもしれません。私もその一人でした。

 

 

産婦人科の少ない地域では、妊娠が分かった時点ですぐにでも予約を入れないと、遅くなってしまうと近所の病院が探せなくなってしまう事があります。

 

妊娠の初期症状は人により様々です。

 

もともと生理不順の人は妊娠に気付けないかもしれません。

 

 

貧血や微熱など風邪と同じ症状もあるので、妊娠の可能性がある時は、自分で気づくことが重要です。初めての妊娠は幸せな反面、初めてなことばかりで毎日といっていいほど不安になる事もあるのではないでしょうか?快適にマタニティーライフ過ごすには、神経質にならずのんびりとした心でいましょう。ママの気持ちが不安定だと、お腹の中で生きようと一生懸命頑張っている赤ちゃんも不安になってしまいます。お腹が大きくなってくると腰や足の付け根が痛くなります。サポートベルトのような物を腰に巻いておくと腰の痛みが楽になります。妊娠中は非常に太りやすくなります。

 

先日、夫婦最後の旅行に行き、思いっきりハメを外し、ご馳走もいっぱい食べました。家へ帰ってきたら出発前より3kgも体重が増えていました。たった2日で3キロも太ったのは生まれて初めてでした。妊娠する前は多少食べ過ぎても翌日少し抑えたらちゃんと体重が戻ったのですが、妊娠期間中は違いました。食べなくても痩せないのです。栄養を取りながら体重管理をするのは苦労しますが、赤ちゃんのために頑張っていこうと思います。
妊娠中お勧めするのは、マタニティスイミングです。

 

お腹が大きくなる特に妊娠後期は歩くのもしんどくなってくるので、足腰に負荷のかからない水中での運動はとても気持ちがいいのです。必ず主治医の先生に相談してください。

 

 

 

浮力の力で身体がとっても軽く感じられますし、動きも楽になります。

 

 

周りも妊婦さんばかりなので情報交換をしたり、気持ちを共有したりとママ友を作るチャンスでもあります。赤ちゃんが産まれたら引き続きベビースイミングのクラスで交流がまた広がるでしょう。

 

 

 

一番妊娠中で大切なことは穏やかにストレスなく過ごすことです。

 

 

 

でもつわりで気分がブルーになったり、身体が思うように動けず怒りっぽくなりがちです。

 

気分転換のために、美味しいものを食べに行ったり、赤ちゃんの物を見にショッピングして楽しんだり、お天気の時はお散歩して外出したり体が負担を感じない程度に外出して気分を落ち着かせることがいいです。
私はもう40歳も間近の高齢出産になったので、病院の先生方や友人のママさんから、いろんなことを教えていただきました。

 

少々太り気味の体形だったので、体重管理を第一に気を付けるよう言われました。しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、食べづわりだったので、常に何かを食べている状態でした。すぐに20キロ程太ってしまい、足はずっとむくみ、妊娠中毒で入院しかかった、ダメな妊婦でした。

 

ですが、陣痛がきてからは1時間弱であっという間に産まれましたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。臨月を迎えると、積極的に運動を取り入れ、出産に向けて十分な体力作りをと言われます。適度な距離を定期的に歩くことで血の巡りをよくし、むくみの防止、妊娠中毒症の予防になります。出産時にはかなりの体力を消耗するので、体力をつけることが大事です。しかし、歩き過ぎは禁物です。破水や、お腹の張り等の症状が、強くなってしまう場合もありますので、無理のない、適度なウォーキングを心がけましょう。

オーガニックレーベル葉酸について